アイアムアヒーロー

【おすすめ映画レビュー★邦画】
iamahero_201610329_01_fixw_730_hq.jpg

【あらすじ】

35歳の鈴木英雄(大泉洋)は漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送っていた。

そんな冴えない彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して突如襲い掛かってくる。
慌てて外に飛び出す英雄だが、街はすでにZQNと呼ばれる感染者であふれていた。

出会った女子高生の早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。
比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄だったが・・・。



【おすすめ度】★★★★

人気漫画が原作で、大泉洋、有村架純、長澤まさみといった超売れっ子キャスティング。
この面子を考えたらハードなゾンビ映画は期待できないだろうなと予想していました。

ところが、、これがなかなか見事なゾンビ、いやZQNパニック。

冒頭、恋人てっこ(片瀬那奈)の強烈な感染シーンで早くも前述の予想は覆りました。
片瀬那奈って割と清純なイメージがあったのですが、引くくらいの暴れZQNでお見事でした。

20160304-iamahero_full.jpg

平穏な日常が一気に非日常へと変貌していくシークエンスも素晴らしい。
海外ゾンビ映画でもお約束のシーンですが、舞台が日本であることでリアリティが増しています。

そしてこれまたお約束の設定、ショッピングモールでの立てこもり。
大挙で迫るZQNとの攻防、容赦ないスプラッターな描写は一瞬邦画であることを忘れる程の徹底ぶりでした。

もちろん万人におすすめできる作品ではありませんが、お好きな方には満足できる一本ではないでしょうか。
posted by K at 21:38 | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする