カイジ 人生逆転ゲーム

【おすすめ映画レビュー★邦画】
kaiji3.jpg

【あらすじ】
自堕落な日々を送る26歳のフリーター伊藤カイジ(藤原竜也)は、友人の借金の保証人になったために多額の負債を抱えてしまう。
そんな彼に金融会社社長の遠藤(天海祐希)は、一夜にして大金を手にできる船に乗ることを勧める。

その船で奇想天外なゲームをするはめになったカイジは、人生を逆転するための命懸けの戦いに挑むが・・・。



【おすすめ度】★★★

言わずと知れた、福本伸行原作の大人気コミックの実写映画化です。
漫画の実写化は非常にリスキーなところではありますが、本作に至っては世界観やキャラクターはよく表現されていると思います。
但し、原作に比べ圧倒的に尺が短いので、話は凝縮されてしまっています。
その分展開も早く、初めてカイジを知る人には取っつきにくい・・と感じるかもしれません。

e71cbe3b6cd0e06168a5fb11b78986ba.jpg

それでも次作が作られるまでヒットした最大の要因、それはキャストの熱演によるところが大きいと思います。

カイジ演じる藤原竜也、力の入ったセリフ回し、見ているこちらも自然に力がはいってきます。

そして敵役の利根川を演じた香川照之。
高慢でいて狡猾、スキの無いまさに蛇のような利根川は、原作以上に毒々しいキャラクターとして作品を盛り上げてくれています。
これぞ、漫画を実写化するメリットですね。

原作より緻密さに欠けるプロット、しかし映画ならではの演出、高揚感。
それらを割り切ると、そこそこ楽しめる作品だと思います。








posted by K at 23:27 | Comment(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: