インデペンデンス・デイ:リサージェンス

【おすすめ映画レビュー★洋画】
355228_003.jpg
【あらすじ】

エイリアンによる地球侵略に人類が立ち向かい、からくも勝利を収めてから約20年が経過した。
人類はさらなる襲来に備えようと、エイリアンが残した技術を転用した地球防衛システムを作り上げていた。

2016年7月、そんな人類を試すようにアメリカ全土を覆うほど巨大なエイリアンの宇宙船が出現。

彼らは圧倒的な科学力で、ニューヨーク、ロンドン、パリといった都市を次々と襲撃する。
猛攻撃は止むことなく続き、人類存続の要であった防衛システムも無力化してしまう。



【おすすめ度】★★★

ハードル下げまくってたのもあるけど面白かった。

デイビッドの親父さん引き続き良い味だしてるし、ホイットモア元大統領は衰えつつもイケイケだ。
何よりオーキン博士が最高。相変わらずのマッドサイエンティストっぷりから、ちょっとおセンチな部分も出してからに…パンツはきなさい。




そりゃ続編だし高揚感は前作程はないけれども、それを差し引いても続投キャラクターの使い方は良かった。
ヒラー大尉の息子(実は血は繋がってない)は比較的控え目な立ち位置なのも良い。
新キャラではメガネ君と部族長のバディ感が良かった。

「インディペンデンス・デイ リサージェンス」、前作好きなら充分楽しめると思います。






posted by K at 11:58 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする