■ スポンサードリンク

プリズナーズ

【おすすめ映画レビュー★洋画】
201405010000000view.jpg

【あらすじ】
家族と過ごす感謝祭の日、平穏な田舎町で幼い少女が失踪(しっそう)する。

手掛かりは微々たるもので、警察(ジェイク・ギレンホール)らの捜査は難航。

父親(ヒュー・ジャックマン)は、証拠不十分で釈放された容疑者(ポール・ダノ)の証言に犯人であると確信し、自らがわが子を救出するためにある策を考えつくが……。


【おすすめ度】★★★★

囚われた人々、囚われた魂。

「プリズナーズ」鑑賞。


娘を誘拐され、一線を越えた父親。

罪の意識と父親としての責任の呵責に苦しみながらも猪突猛進。


全ては愛する娘を救うため。


一方そんな父親に振り回されつつも冷静に事件の謎を解いていくチョイ悪博愛刑事。


パズルのピースが全て埋まっていくラストの収束感が気持ちいい。

なかなかの見応え、骨太な作品です。


宗教色も強いので賛否別れる作品だと思いますが、私は推します。







posted by K at 00:45 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする