■ スポンサードリンク

2012

【おすすめ映画レビュー★洋画】
11122222.jpg

【あらすじ】
2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しんでいた。
ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かっていることを知る。

この危機から逃れる手はないものかと模索するジャクソンだったが、すでに天災は地球上の至るところで起こり始め……。




【解説】
マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』ローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。
地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。

偶然にも地球の危機を知ってしまうリムジン運転手に『ハイ・フィデリティ』のジョン・キューザックがふんし、大事な家族を守るために奔走する。

大地震、火山噴火、津波など最新CG技術による迫力ある映像に注目。
2211211.jpg

【おすすめ度】★★★
エイリアン来襲、氷河期到来…と次々に地球を壊してきたローランド・エメリッヒ監督によるディザスタームービー第3弾。

本作の見所は二つ。

最新のCG技術によって映像化された迫力のディザスターシーン。
そして人間ドラマ。
運命を告げられた人々が何を思い、どう行動するのか…。

逃げ場なし…地球の最期

最大の見せ場である大迫力のディザスターシーンはエメリッヒ監督曰く「これ以上は作れない…」だとか。

確かに言うだけの事はあります。

大地震、火山噴火、大津波と…リアルな自然災害がかつてない規模で迫り、(よく考えると?な事も多いのですが…)深く考えるヒマを与えさせないスピードで展開するため、思わずのめり込んでしまいました。

映像の迫力は文句なし、最新のCG技術恐るべし。

運命の時、人々は…

思わぬ繋がりをもつ登場人物たち。
何もできずただ波に飲まれる人、また人を助け気高く死んでいく人…様々です。

「生き残る人間は自然が決める」確かにそうなんだけど、ストーリー的にあまりノレない部分は多くありました。

結局金持ちばっかりじゃない?みたいな。
ラストの都合も良すぎだし…。

それでもぎりぎりのリアリティは残し、話としてはまとまってはいますが。

「デイ・アフター・トゥモロー」ベースに「インデペンデンス・デイ」のエンタメ性を盛り込んだ感じ。

迫力のディザスターシーンは一見の価値ありですが、できればフルハイビジョン画質と、大きめサイズのモニターが欲しいところです。

エンタメ至上主義のエメリッヒ作品。
余計な詮索せずに集中するのが楽しい観方です。












posted by K at 00:35 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする