ダイ・ハード4.0

【おすすめ映画レビュー★洋画】
327066view005.jpg

【あらすじ】
デジタルによって制御されている全米の都市機能。
その壊滅を狙う謎のサイバーテロ組織が動き出し、システムがテロによって攻撃されようとしていた。

アメリカ政府ですら機能不全に陥ってしまうなか、これまで幾度となく危機を救ってきた元刑事のジョン・マクレーンブルース・ウィリス)が、再び事件解決に乗り出す。




【解説】
ブルース・ウィリスが悪夢のような事件に遭遇しながらも知恵と体力を駆使して巨悪と戦い抜く、大人気アクションシリーズ第4弾。

ウィリスは人間味あふれる主人公ジョン・マクレーンを演じるほか、製作も兼任。
『アンダーワールド』のレン・ワイズマンを監督に迎え、全米を襲うサイバーテロの野望に立ち向かう最強に“運の悪い”男の不死身の奮闘を活写する。

閉鎖的な空間での死闘が多かった前作までに比べ、カーアクション満載の豪快なアクションの数々に圧倒される。
327066view003.jpg

【おすすめ度】★★★
12年ぶりに帰ってきた愛すべきおやじヒーロー、ジョン・マクレーン。

頭髪がずいぶんと寂しくはなりましたが、彼のタフネスは健在…
どころかパワーアップされていました!

アナログVSデジタル

今回の設定は、コンピュータ全盛の時代に起きたサイバーテロ。
これに立ち向かう…と言うか巻き込まれた我らがオールドファッションヒーローのジョン・マクレーン

この構成が何ともいえず楽しい!

仕掛けられた絶対死の窮地を、アナログパワー全開!計算外の動きで突破していくマクレーンの活躍は、見ていて実に気持ちがいいです。

やり過ぎ?アクション

自らを「ダイ・ハード」マニアと称するレン・ワイズマン監督によるアクションは…はっきり言ってやり過ぎですかね。

車でヘリを撃墜したり、F15戦闘機とガチで闘ったりとやりたい放題です。

最後の方は少しお腹いっぱい感があったアクションですが、まあ迫力はあります。
久しぶりだし…ダイ・ハードらしくて良いですかね!

前作からあまりに時間が過ぎていた為、正直不安半分で鑑賞しましたが、シリーズとしては合格点です。

帰ってきた肉食系タフおやじ。

彼のアナログ的な格好良さは、シリーズ初見の方でも大いに楽しめるでしょう。












posted by K at 15:45 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする