■ スポンサードリンク

サマーウォーズ

【おすすめ映画レビュー★アニメ】
20090805_1331695.jpg

【あらすじ】
天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、あこがれの先輩・夏希に頼まれ、長野にある彼女の田舎へ。
そこで二人を待っていたのは、大勢の夏希の親せきたちだった。

しかも、健二は夏希から「婚約者のふりをして」と頼まれ、親せきの面々に圧倒されながらも大役を務めることに……。




【解説】
単館公開からスタートし、口コミでロングランヒットとなった『時をかける少女』細田守監督が放つ劇場アニメーションの最新作。

ふとしたことから片田舎の大家族に仲間入りした天才数学少年が、突如世界を襲った危機に戦いを挑むことになる。

主人公の少年・小磯健二の声を担当するのは、『千と千尋の神隠し』などで声優としても定評のある実力派若手俳優・神木隆之介

良質なアニメーション映像と、壮大なスケールの展開が見どころ。

333497_004.jpg

【おすすめ度】★★★★
前作「時をかける少女」で数々の映画賞を受賞し、多くの批評家から称賛された細田守監督の劇場アニメーション。

前作に引き続き、青春ものを予想して鑑賞したのですが…電脳世界のオープニングに始まり、田舎の親戚縁者との関わり、最終的にはサイバーテロといった、まったく傾向の違う作品になっていた事に驚きました。

ギャップが物語を引き立てる

電脳世界に田舎の親戚…本来ならまったく無関係な世界が交わりながら進むストーリー。

これが意外に心地良く、すぐに引き込まれました。

本作品はこのギャップによる演出が至るところに使われています。
世界危機に花札勝負、そして同時に高校野球…。
クライマックスではテロのカウントダウンが進むなかで、親戚一同集まっての食事をはじめます。

バラバラのようで緻密に交わった演出が、深い印象を残します。

結束による力

作品のもう一つのテーマは人と人との繋がり、結束する力でしょうか。

一族の長である栄おばあちゃんが電話をかけまくるシーンでは、絆を大事にしてきたその半生を垣間見る事ができます。

困難な敵に対して主人公含む親戚一同の結束。
そして最終的には全世界の人達との結束が、世界を救う力になります。

サイバー、青春、アクション、人間ドラマにほのぼのした田舎の風景…。
一見ゴチャっとした内容を見事にまとめあげた大作。

前作とは違い、観る年齢層を選ばない国民的アニメですね












posted by K at 00:38 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする