ビクター SP-FT AX-FT

【ホームシアター機器レビュー】
ビクター SP-FT AX-FT

vic1_01_s.jpg

薄さが約31mmしかない超フラットなスピーカーと4chサラウンドのアンプです。
とにかく薄さがウリなので壁掛けTVに相性ピッタリのデザインです。


人気ブログランキングへ


また、それぞれのユニットには付属スタンドがあるので、壁掛けだけでなく縦置きも可能です。

vic1_04_s.jpg

性能も申し分なく、独自の4chフロントサラウンド方式により、リアスピーカーなしでも臨場感豊かなサラウンドが楽しめます。
サイズは9.5×10cmで低域から高域まで円形に近い指向性を持っており、壁掛け使用時は壁を使ったバッフル効果も得られ、音圧のある豊かなサウンドが再生できます。

アンプ部の入力端子はアナログ音声×1、光デジタル音声×3を装備。
サブウーファプリアウトも備え、低音の増強も可能。端子部にはカバーも装備しています。

黒の他に白もあり、コンパクトなAV空間をつくるには、持ってこいのスタイリッシュなデザインですね。



posted by K at 17:50 | ・ホームシアターな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする