パコと魔法の絵本

【おすすめ映画レビュー★邦画】
%A5%D1%A5%B30001.jpg

【あらすじ】
昔々、大人の俳優に脱皮できなかった元有名子役や、消防車にひかれたまぬけな消防士など、患者だけでなく医者や看護師も変わり者ばかりが集まる病院があった。

中でも一代で自分の会社を築いた超ワガママ老人の大貫(役所広司)は、一番の嫌われ者。
ある日大貫は、1日しか記憶を保てない少女パコ(アヤカ・ウィルソン)に出会った・・・。




【解説】
『下妻物語』『嫌われ松子の一生』中島哲也監督が、伝説的な舞台「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」を映画化。
変わり者ばかりが集まる病院を舞台に、1日しか記憶が持たない少女のために、大人たちが思い出を残そうと奮闘する姿をファンタジックに描く。
役所広司、妻夫木聡土屋アンナなど豪華キャストが出演。

クライマックスで役者たちを3DのフルCGキャラクターに変身させ、彼らの生の演技と連動させていく大胆な演出に注目。
tnr0809121837009-p2.jpg

【おすすめ度】★★★★
独特の世界観とビジュアルセンスをもつ中島哲也監督の作品。
「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の次に彼が手がけたのは、ファミリー向けのハートウォーミングストーリーでした。

笑って泣ける心温まる物語

相変わらず中島ワールドは独特のセンスで突っ走っています。

コメディー担当の阿部サダヲが、冒頭からぶっ飛んだキャラクターで物語を語っていきます。
この阿部サダヲのキャラに乗れるかどうかで、作品の楽しみ方が大きく変わると思います。

とはいえ、コメディーの中にも、ちょいちょい泣けるシーンが訪れます。

そして最終的には泣き笑いの表情で最後まで楽しめる作品になっていました。

個性豊かな住人たち

先に述べた阿部サダヲを筆頭に、いろいろ困ったキャラクター達が物語を引っ掻きまわします。

中でも超演技派!役所広司演じる哀愁漂う頑固おやじや、メイクが激しく、途中まで誰だかよく分からなかった妻夫木聡。
そしてすぐにテレサ・テンを歌いだすオカマの國村準など、一人一人がとにかく濃い。

そしてこの濃い登場人物たちにも、それぞれのエピソードがあり、さりげなくそれが語られることから、どんどん愛着がわいてきてしまいます。

そうこうして物語は佳境へ進み、観ている側には意外なオチがいくつか用意されています。

このオチ…物語としては美しいけど…だいぶ切ない。

最後のオチは良かったですけどね。

ぶっ飛んだメイクとキャラクターに、CGまでふんだんに使った極彩色の中島ワールド。

ティム・バートン「チャーリーとチョコレート工場」に似た雰囲気を持つ作品でした。












posted by K at 00:14 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする