天然コケッコー

【おすすめ映画レビュー★邦画】
1005558.jpg

【あらすじ】
小中学校合わせても、たった6人の生徒しかいない田舎の分校に、東京から転校生の大沢(岡田将生)がやってきた。
そよ(夏帆)は、都会の雰囲気漂う大沢に心ときめくが、彼の冷たく乱暴な言動に戸惑いを覚える。

しかし、海水浴でのあるできごとをきっかけに、そよの大沢に対する印象が変化し始める……。




【解説】
くらもちふさこ原作の同名人気少女漫画を、『リンダ リンダ リンダ』『松か根乱射事件』の俊英山下敦弘が映画化。
脚本は『ジョゼと虎と魚たち』の渡辺あやが担当し、甘酸っぱい初恋や、友人や家族との何気ない日常を、のびやかに描き出す。

みずみずしい魅力を発揮するヒロインに、映画初主演の夏帆がふんする。
島根・浜田の四季の移り変わりや人々の心温まる交流に癒される。
ph_project_01.jpg


【おすすめ度】★★★
島根県の山間にある分校を舞台にした青春映画です。

特に大きな事件も起こらず淡々と過ぎていく物語ですが、海や山といった島根の美しい自然と、天然と思えるくらい無垢な人々とのエピソードに引き込まれ、鑑賞中は何とも幸福な時間の流れを感じました。

田舎の美しさ

とにかく魅せられるのが、島根の自然と田舎の美しさです。

季節の移り変わり、分校からの帰り道、海までの道のり、小さな郵便局・・・といったシーン一つ一つの風景に魅せられます。
緑、風、太陽などの要素、あと目に見えない田舎の空気が常に漂っていて、何やら懐かしくて切ない何とも言えない気持ちになりました。

東京で日々仕事と時間に追われる生活をしている自分にとっては、こういった自然と田舎の時間の流れに強烈な憧れを感じてしまいます。

無垢な登場人物たち

主人公右田そよの天然ともいえる素朴で無垢なキャラクターを、夏帆が好演しています。
田舎のおおらかさ、人々の連帯感からか余計な一言をいってしまうそよ。
でもそれが原因で悩んでしまう年頃の甘酸っぱさの表現も◎でした。
荒削りで健康的な美少女っぷりも、夏帆のイメージにぴったりだと思います。

そよの弟や、妹みたいに可愛がる低学年の女の子、分校の友達、学校の先生、家族たち、田舎の人々がみんな同じ雰囲気を出していて良かったですが、個人的には「しげちゃん」がお気に入りです(笑)。
あの「目」と「声の張り方」最高です。

転校生大沢を演じた岡田将生も良かったです。

都会の洗練された雰囲気を漂わせつつ、キスに興味がある年頃の男の子、そんな可愛げのあるキャラクターをうまく演じています。
才能ありますよね彼は。

ドラマ「オトメン」での再共演や、それぞれの主演映画で人気急上昇中の夏帆岡田将生

この二人の原点が見られる映画としても見所はありますね。












posted by K at 12:04 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする