Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?

【おすすめ映画レビュー★洋画】
41e5fe6f566b371f611ef5c7f6f55ac1.jpg

【あらすじ】
遺言書作成の専門弁護士のジョン(リチャード・ギア)は、毎日の生活に物足りなさを感じていた。

ある日通勤電車の窓から見えた、ダンス教室の女性(ジェニファー・ロペス)が気になったジョンは、見学だけでもとビルに立ち寄るが……。




【解説】
アカデミー賞に輝いた『シカゴ』の製作陣が再結集し、リチャード・ギアを主演に描く恋と人生の物語。

共演に『ザ・セル』のジェニファー・ロペスと『デッドマン・ウォーキング』のスーザン・サランドン
オリジナル版で竹中直人がふんした青木役を演じるスタンリー・トゥッチのコミカルな演技は要チェック。
shall-we-dance-8.jpg


【おすすめ度】★★★
周防正行監督の同タイトル邦楽のハリウッドリメイク版です。

極端に脚色されることなくオリジナルのシーンも忠実に再現されています。
それでいて、オリジナルを観た人でも、別の作品として充分に楽しめる内容に仕上がっています。

究極のダンディズム

この作品の成功の一つはキャスティングにあると思います。
オリジナルで役所宏司が好演した主人公の冴えない部分も、優しい顔立ちのリチャード・ギアに意外にもハマッていました。

そしてタキシードとダンスのキマリ具合はバッチリ。やはりダンディズムの帝王リチャード・ギア様、オリジナルには無い魅力的な部分です。

・・・薔薇も似合ってましたしね。

ジェニファー・ロペスも違和感なかったし、竹中直人のコミカルさを見事にコピーしたスタンリー・トゥッチも良かったです。

模範的リメイク

ダンスシーンの決めっぷりと、恥ずかしくなるくらいのダンディな演出。
この二つがハリウッド作品らしく派手に仕上がっていて、オリジナル+αの面白さを引き出しています。

もともと社交ダンスは西洋文化ですし、そういう意味ではしっくりきて当たり前ですね。

日本発のホラーやアニメばかりではなく、こういった作品がリメイクされるというのは嬉しいですよね。












posted by K at 23:27 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする