映像ケーブルの種類と性能

vtr_tansi3.jpg

DVDプレーヤーやBDプレーヤーから、テレビやプロジェクター、AVアンプに接続する映像ケーブルには、いくつかの種類があります。

この映像ケーブルの種類によって、画質は大きく変わります。

高画質のホームシアターを構築する上では、映像ケーブルの知識が少し必要になりますので、簡単に映像ケーブルの種類と性能をご紹介します。

人気ブログランキングへ

コンポジット映像ケーブル
KM-V6-100_MA1.jpg

もっともよく見かける一般的な映像端子。
昔からファミコンなどのゲーム機や、ビデオデッキなどで使われています。
画質はイマイチ。

S端子映像ケーブル
KM-V7-10_MA.jpg

コンポジット映像ケーブルよりノイズを抑えることができる為、画質は良くなります。
ただ、長い距離の接続には向いていないとされています。

コンポーネント端子映像ケーブル
KM-V18-10_MA.jpg

映像を三色の信号として伝達するケーブル。
3本のケーブルに分けて映像伝達するため、干渉が少なく画質は格段に良くなります。

D端子映像ケーブル
mv3dd1.jpg

映像信号はコンポーネント端子と同じしくみ。
ケーブルを一本にまとめているので取り回しが楽になります。

HDMI端子ケーブル
HDMI4004M_m.jpg

映像と音声を1本のケーブルで伝える端子。
ブルーレイプレーヤーには標準装備されていて、画質は最上級です。
同じDVDでも、コンポジットケーブルとHDMIケーブルで観るのでは画質の差は歴然です。

以上のように、映像端子ケーブルによって、画質は大きく変わります。
ただ、高画質なケーブルほど値段も高く、接続端子自体が機器に備えられていない場合があります。

ホームシアターの作り始めでは、S端子ケーブルなどで映りを試してみるのがオススメです。




posted by K at 22:14 | ・ホームシアターな話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。