■ スポンサードリンク

トランスフォーマー

【おすすめ映画レビュー★洋画】
Transformers_0624.jpg

【あらすじ】
2003年、火星にビークル2号探知機を打ち上げるが、火星に到着後NASAとの交信が途絶えてしまう。
その後、アメリカ、パリ、東京、さらにはアメリカ大統領の乗るエアフォース・ワンの機内など、世界中の至るところで同時期に奇妙な現象が起きる。
人間たちは、それが地球上のあらゆるテクノロジーをスキャンする知能を持つ“金属生命体”のしわざだとは知らず……。




【解説】
製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグ、監督にはマイケル・ベイという、ハリウッドを代表する大御所監督がタッグを組み、未知なる地球外生命体と人間との攻防を描いたSFアクショ ン超大作。
あらゆるテクノロジー機器にトランスフォーム(変身)する能力を持つ“金属生命体”の暴走により、地球に人類存亡の危機が訪れる。

世界最大のVFX工房ILMを中心に、『M:I:III』『スパイダーマン』シリー ズを手がけた世界屈指のクリエイターらが集結し、前人未到の映像世界を作り上げた。(BY Yahoo!映画)
20070826trans.jpg


【おすすめ度】★★
スピルバーグにマイケル・ベイ、二人のヒットメーカーが手がけたSF超大作映画です。
日本のおもちゃからヒントを得た、ロボットのトランスフォーム(変身)シーンが最大の見所です。

ストーリーは★ひとつ

安易でご都合主義なストーリーは今ひとつ。
宇宙からの金属生命体が登場したかと思えば、中東の戦闘部隊やら秘密捜査官やらが出てきて話がごちゃごちゃになってきます。

また、スピルバーグの秘蔵っ子、シャイア・ラブーフの演じる主人公サムが全然イケてなくて、あまり感情移入できませんでした。
個人的には好きな役者だけに少しガッカリ…。

究極のCG映像

確かに映像は凄かったです。
コンマ何秒というカットで、ロボットたちはスムーズにトランスフォームします。
・・・でも、早過ぎです!

クルックルッと形を変えながら闘うロボットたちに目がついていかず、最後は敵見方の区別がつかなくなりました。

実写と織り交ぜた街の破壊シーンなんかは迫力あって良かったです。

善玉トランスフォーマーたちが何故か車にこだわるなどツッコミどころも多く、ストーリーもいい加減さがでていますが、細かい事は気にせず、ただ映像美に酔いしれるなら、普通に楽しめる映画だと思います。












posted by K at 23:51 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする