■ スポンサードリンク

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

【おすすめ映画レビュー★アニメ】
070719_vangerion_main.jpg

【あらすじ】
世界を壊滅状態へと導いた「セカンド・インパクト」から15年後。
14歳の碇シンジは、特務機関NERV(ネルフ)の最高司令官で父親でもある碇ゲンドウから、謎の巨大生物“使徒”と戦う人造人間エヴァンゲリオンのパイロットに任命される。

使徒との戦いが困難を極める中、地球存続のための任務を背負う彼らは、ある国家規模の作戦を実行に移すことになるが・・・。




【解説】
1995年からテレビで放映され、社会現象にまでなった「新世紀エヴァンゲリオン」から12年。
新たなファンのために作られる、劇場版全4部作の第1部。

アニメ版第6話「決戦・第3新東京市」の“ヤシマ作戦”をスケールアップさせた意欲作。
庵野秀明が総監督を務め、『日本沈没』の樋口真嗣監督が作画コンテ、主題歌を宇多田ヒカルが担当。
最先端のデジタル技術が繰り出す映像は圧巻。
080128-2.jpg

【おすすめ度】★★★
テレビ放映が終了してから12年、新たな挑戦と願いを込めた庵野秀明監督の意欲作、新劇場版エヴァンゲリヲン全4部作の第1部です。
その序章はただのリメイクでは終わらない、様々な可能性を秘めた内容でした。

オリジナル≠新劇場版

同じようで同じでない、ストーリーが少しづつ変化しています。
玄人のエヴァファンなら気付くはず、細かな変化は続く3作品に、どのような影響を与えるのか…、期待せずにはいられない、序章としての役割はしっかり果たしています。
ゼーレ、ネルフ、そして使徒の関係は…??

映画版らしいクライマックス

今作品のクライマックスはアニメ版の第6話の“ヤシマ作戦”が舞台になります。
その内容、映像、音楽も一新され、さらに迫力ある戦闘へと変貌していました。
派手な盛り上がりをみせ、シンジとレイの名シーン、「笑えば良いと思うよ」が一時の安息をもたらします。

そしてこの段階で登場する“最後のシ者”と意味深なセリフ…。

この先「破」「急」、そして最終章へ続くストーリー。
新たなエウ゛ァにはどのようなラストが用意されているのか…こうご期待ですね!!












posted by K at 00:37 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする