うた魂(たま)

【おすすめ映画レビュー★邦画】
1298001.jpg

【あらすじ】
かすみ(夏帆)は自分のことが大好きな女子高生。
しかし、秘かに思いを寄せる牧村純一(石黒英雄)が撮ってくれた、大口を開けて歌う自分の写真を見てがく然とする。
その日以来、自信喪失してしまったかすみ。しかし、ライバル校のヤンキー合唱部の魂の込もった合唱と、部長・権藤洋(ゴリ)の一言をきっかけに自分を取り戻す。


【解説】
高校の合唱部に所属する女子高生が合唱を通して友情をはぐくみ、自らにとって大切なものに気付いていく青春賛歌。

映画『天然コケッコー』の夏帆が、自分はかわいくて歌がうまいと思っている自意識過剰の女子高生役をコミカルに演じる。
さらにライバル校のヤンキー合唱部の部長を、ガレッジセールのゴリがガクラン姿で熱演する。
監督は映画『タナカヒロシのすべて』の田中誠
子どもから大人へと成長するプロセスに訪れる一瞬がハートウォーミングに描き出す。(Yahoo!映画)
0038752.jpg

【おすすめ度】★★★
「ウォーターボーイズ」「スウィングガール」に続く、青春“部活動”コメディ。
想像していたとおり、最後まで楽しく鑑賞できました。

テーマは合唱

今回の舞台となるのは合唱部。
合唱部に所属する、夏帆演じるちょっと痛い感じの女子高生が主人公です。

正直今回のテーマ”合唱”は、ちょっと地味かな?と思っていましたが…。
かなり迫力があり、聞きごたえある合唱を聞くことができます。
特にゴリ演じる権藤達の尾崎豊…。

すごい!

魂こもってます。
まさに権堂いわく
「合唱舐めてんじゃねぇぞ、コノヤロー!!」

かなり無理がある高校生役に、ガレッジセールのゴリを起用したのは大正解ですね。
ハマリ役でした!

欲を言えばストーリー構成がイマイチ…な印象をうけました。
途中必要ないシーンが多いような…。
その分、権堂達が歌う「15の夜」「僕が僕であるために」をノーカットで入れて欲しかったです。

何にしても、こういう青春コメディ映画は鑑賞後の気分がいいですね。
笑って、感動して、スッキリできました♪






posted by K at 01:29 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする