アイアンマン

【おすすめ映画レビュー★洋画】
023105.jpg

【あらすじ】
億万長者で発明家の軍需産業会社社長トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、視察に訪れた軍のキャンプでテロリストの奇襲に遭い、胸を負傷してしまう。

やがて自分の会社の兵器がテロリストに悪用されている衝撃の事実を知ったトニーは、自ら戦闘用のスーツを作り、“アイアンマン”となってテロリストに闘いを挑む。


【解説】
自ら開発したハイテクの鎧を身にまとい、“アイアンマン”として悪と闘う男の活躍を描くアクション超大作
同名の人気アメコミを原作に『ザスーラ』のジョン・ファヴロー監督が世界平和のため正義を貫くヒーロー映画を撮り上げた。
豊富な資金と科学技術でアイアンマンに変身する軍事会社社長トニー・スタークを、『ゾディアック』のロバート・ダウニー・Jrが好演。
繊細(せんさい)な精神も持ち合わせる人間味あふれるヒーロー像も見もの。(Yahoo!映画)
01111211.jpg

【おすすめ度】★★★
マーベル・コミックの人気キャラクター「アイアンマン」の実写映画。
いわゆるアメコミヒーロー映画なんですが、主人公が自堕落なんだけど憎めない、ひと味違うヒーローが誕生しました。

女とユーモアを愛するヒーロー

超セレブで女好き、会社経営は人任せにして自分は大好きな機械いじりと遊びに夢中…それが主人公、トニー・スターク。
そんな普通なら嫌なヤツに思えるキャラを、ロバート・ダウニー・Jrが憎めないキャラクターとして、上手く演じてみせました。
映画「チャーリー」以来これまで私生活でダーティな部分が多く、落ち目だったダウニーJr。
今作で演技派俳優として見事に復活し話題になりました。

SF少年の心をくすぐる世界

トニー・スタークが自宅ガレージでアイアンマンを制作する過程が観ていて楽しいです。
ロボットやコンピューター、スーパーカーに囲まれた作業場が、凄く少年心をくすぐります。
また、最後のロボットバトルなんかも男の子の大好きなツボを刺激しまくりでウズウズしました。
全体を通して、この映画の最大の見所はそういう部分じゃないかと思います。

個人的にはアメコミヒーロー映画の中でも1番面白かったです。
エンディングも次回作を期待させる内容だったし、今後のシリーズが楽しみですね。





posted by K at 15:01 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする