■ スポンサードリンク

容疑者Xの献身

【おすすめ映画レビュー★邦画】
2341007.jpg

【あらすじ】
惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。
捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者・湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。
内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事件の裏にいるのではないかと推理するが……。



【解説】
テレビドラマ化されるや大人気を博したミステリー作家・東野圭吾「探偵ガリレオ」シリーズ初の長編で、第134回直木賞に輝いた同名小説を映画化。
主人公のガリレオこと湯川を演じた福山雅治、彼とコンビを組む新人刑事役の柴咲コウをはじめ、テレビドラマ版のスタッフ・キャストが集結。
湯川と壮絶な頭脳戦を繰り広げる天才数学者に『クライマーズ・ハイ』の堤真一、物語の鍵を握る容疑者役を『フラガール』の松雪泰子が演じ、一筋縄ではいかないドラマを盛り上げる。(YAHOO!映画)
0239805.jpg

【おすすめ度】★★★★
福山雅治が天才物理学者、湯川学に扮した人気TVシリーズの劇場版。
しかし、コミカルな雰囲気のあったドラマ版から本作は一転。
重厚な人間ドラマとして、また極上のミステリーとして、シリアスな作品に仕上がっています。

天才物理学者VS天才数学者

天才数学者石神が仕掛ける巧妙なトリック。そして完璧なアリバイ…。
しかし映画チケットの半券の保管場所から、犯人は相当に頭の切れる手強い相手だと見抜く湯川。

二人の天才の駆け引き…高度な計算のやりとりに思わず魅了されます。
原作を読んでいる人も、読んでいない人ならなおさら、そのトリックに驚かされると思います。

献身の意味

トリックの核心に迫る湯川に、石神が仕掛けた最後の行動…。
石神の作った完璧であり、衝撃的なシナリオ。

ここではじめて“献身”の意味を知ることになります。


あまりに深く、切ない純愛
柴崎コウの主題歌と重なり、クライマックスは号泣してしまいました・・。

なにより素晴らしかったのは石神を演じた堤真一さんですね。
はじめて愛を知った孤独な天才数学者。
見事にハマっていました!

彼の最後の咆哮は・・・鳥肌がたつほど見事な石神っぷりでした!






posted by K at 22:31 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする