鉄コン筋クリート

【おすすめ映画レビュー★アニメ】
tekkon.jpg

【あらすじ】
昔ながらの義理と人情が支配する街“宝町”を拠点に、何ものにも支配されずに自由に飛び回る“ネコ”と呼ばれるふたりの少年クロシロ
彼らは誰よりも街を知り尽くしていたが、その愛する宝町に再開発と呼ばれる変革の荒波が迫ってくる。
その影響でヤクザと暴力といった“退廃”が同時に街に押し寄せてしまい……。


【解説】
1993年から「ビッグスピリッツ」誌上で連載された、松本大洋原作による伝説的な超人気漫画の劇場版アニメ。
義理と人情の架空の街“宝町”で自由に飛びまわる2人の少年クロとシロの冒険をダイナミックに描く。
監督は「アニマトリックス」のマイケル・アリアス。制作は日本アニメ界の名工房・スタジオ4℃が担当。
『硫黄島からの手紙』の二宮和也と『ハチミツとクローバー』の蒼井優による豪華な声の競演にも期待したい。(yahoo映画)
tetukon.jpg.300px.jpg

【おすすめ度】★★★★
松本大洋とマイケル・アリアス。二人の奇才が産んだ傑作アニメーションです。
独創的で混沌とした街を舞台に、二人の少年シロとクロの疾走を描いています。

独特な舞台、世界観

物語の背景となるのは架空の街、宝町。
どこか昭和な匂いを持ちつつも、独創的でカオスな世界観が漂っています。しかし緻密に描かれたそのデザインは、架空の街にリアルな印象を残しています。

ストリートチルドレン、ヤクザが街を支配し、暴力的な日常が繰り返される不道徳な世界。
そんな舞台だからこそ、キャラクターが見せる人情と純粋な心に胸を打たれました。

シロとクロ

自分の庭のように街を駆け回るシロとクロの姿がすごく躍動的で楽しく、印象に残っています。
CGとアニメを高い技術で融合し、二人の疾走感を表現したアリアス監督、見事です。
3651.jpg

一見クロがシロを守っているようで、シロの純粋さに救われているクロ。
お互いが足りない部分を補い合うように生きている姿に感動しました。
さらに特筆すべきはシロの声を演じた蒼井優。彼女は天才です…しばらくシロの声が耳に残り続けました。

独創的でラフなキャラクター、逆にリアルで緻密な世界。
混沌とした松本大洋ワールドを存分に楽しむことができる作品でした!





posted by K at 14:57 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする