キンキーブーツ

【おすすめ映画レビュー★洋画】
untitled.bmp

【あらすじ】
父親の突然の死により、倒産寸前の靴工場を相続した優柔不断な青年チャーリー(ジョエル・エドガートン)。

工場の起死回生に頭を悩ませる彼は、偶然出会ったドラッグクイーンのローラ(キウェテル・イジョフォー)からインスピレーションを得て、ドラッグクイーン用のセクシーなブーツを新商品として開発しようと思いつく。


【解説】
サンダンス映画祭で絶賛され、本国イギリスで社会現象を巻き起こしたハートフルドラマ
ドラッグクイーン用のブーツを作ることになった靴工場の経営者と、自分らしさを模索するドラッグクイーンの友情物語が展開する。

靴工場の経営者を「スター・ウォーズ」シリーズのジョエル・エドガートン、ドラッグクイーンを『堕天使のパスポート』のキウェテル・イジョフォーが好演。
笑って泣けて、最後には心が温まるストーリー展開が感動的。
325092view003.jpg

【おすすめ度】★★★
倒産寸前の靴工場の経営者が、ドラッグクイーン(オカマちゃん!)用のブーツを新製品として、起死回生をはかる…といったストーリーのイギリス映画です。
口コミで広まった隠れた名作ですね。

ドラッグクイーン

本作品で圧倒的な存在感を放つドラッグクイーンのローラ。
気丈に振る舞いつつも他人からの偏見や自分らしさに悩む彼女(?)ですが、最後は……圧巻でした!
本物のドラッグクイーンとしか思えない…演じきったキウェテル・イジョフォーに拍手です。

心温まるストーリー

靴工場の再生をはかるメインストーリーに加え、経営者チャーリーとローラの友情物語、チャーリーの経営者としての成長、そして靴工場の職人達との絆などハートウォーミングなストーリーが展開します。
325092view004.jpg
また歌や踊りのミュージカルチックなシーンも多く、最後までテンポよく観ることができました。

なんと実話をもとに作られたこの映画、観賞後は勇気が湧き、元気になれる作品だと思います。





posted by K at 01:04 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする