ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

【おすすめ映画レビュー★洋画】
1006223.jpg

【あらすじ】
“シャングリラの目”と呼ばれる巨大なブルーダイヤを返還するため、外務省の依頼で上海にやって来たリック(ブレンダン・フレイザー)とエヴリン(マリア・ベロ)は、現地で遺跡の発掘にいそしんでいた息子アレックス(ルーク・フォード)と再会。
そんな中、アレックスの発掘した皇帝のミイラが生き返る事件が発生する。


【解説】
ブレンダン・フレイザー主演によるアクション・アドベンチャーのシリーズ第3作。
今回は中国を舞台に、リックとエヴリンのオコンネル夫妻と、彼らの息子アレックスが、時を超えて生き返った皇帝のミイラと戦う。
監督は『ステルス』のロブ・コーエン
前2作のレイチェル・ワイズに代わり、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のマリア・ベロがエヴリンを演じる。ヒマラヤ山脈の断崖絶壁で繰り広げられるバトルシーンなど、アドベンチャー活劇らしいアクションが満載だ。
photo_13.jpg

【おすすめ度】★★★
7年の歳月を経て作られた、人気アドベンチャーシリーズの最新作。
同ジャンル映画の本家『インディ・ジョーンズ』のまさかの復活が少なからず影響しているのは間違いないでしょう。
本作『ハムナプトラ3』も、シリーズならではの要素を多く盛り込み、良質な娯楽映画として復活しました。

ミイラづくし

今回の舞台はなんと中国。
今までの流れからすると意外な場所に思えます。
しかし、シリーズの顔であるミイラは今回も元気に?登場します。
ジェット・リー演じる皇帝のミイラを始めとして、その兵隊、馬など出るわ出るわのミイラ祭り。
最終的にはミイラ同士戦ったり、メインキャストを凌ぐ暴れっぷりを見せてくれます。

世代交代?

本家『インディ』に負けじと、本作にも主人公リックの息子が登場します。
シリーズが長くなると世代交代の流れも出てきますが…ブレンダン・フレイザーはまだまだ引退するには早そうです。
お約束のカーアクションや、ガンアクション、体をはったミイラとの対決を今回も見せてくれます!

エヴリン役には、レイチェル・ワイズに代わってマリア・ベロが登板。少し残念な気もしましたが…今作を通して、エヴリン=マリア・ベロでイメージは定着できました。いい女優さんだと思います。
10084564328.jpg

オコンネルファミリーの年齢から考えると、まだまだ続編ができそうです。
南米へ旅だった“ミイラ磁石”のジョナサンもいることですしね!





posted by K at 00:50 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする