■ スポンサードリンク

スターシップ・トゥルーパーズ3

【おすすめ映画レビュー★洋画】
112233.jpg

【あらすじ】
地球連邦軍バグズの戦争が長期化する中、植民惑星の防衛基地で指揮を執る英雄ジョニー・リコ大佐(キャスパー・ヴァン・ディーン)のもとに、ハウザー将軍(ボリス・コドジョー)やベック大尉(ジョリーン・ブラロック)らが視察に訪れる。
彼らは再会を喜ぶが、新種のバグズの群れが基地内に侵入してしまい、突如戦闘が始まってしまう。


【解説】
昆虫型生命体“バグズ”と人類の戦争をポール・ヴァーホーヴェンが描いた『スターシップ・トゥルーパーズ』第3弾。
第1作を継承する本作では、全作の脚本を書いたエド・ニューマイヤーが監督デビュー。
第1作の主人公ジョニー・リコを復活させ原点回帰する一方、新種バグズを多数登場させて壮大なスケールの宇宙戦争を再び展開する。
シリーズ初登場の究極兵器“パワード・スーツ”や最強バグズが繰り広げる攻撃シーンなど見どころ満載。
34213.jpg

【おすすめ度】 ★★★
根強い人気を誇るSFアクションシリーズの第三弾。
今回も大量のバグズが登場し、虫嫌いな方には刺激が強い内容ですが…ファンには堪らない要素が盛りだくさんです

英雄ジョニー・リコ復活!

何といっても今回の1番の楽しみは、キャスパー・バン・ディーン演じるジョニー・リコの復活!
第一作の名ゼリフ、「命などくれてやれ!」もサク烈し、熱く泥くさい機動歩兵の活躍が久々に堪能できます。
これこそトゥルーパーズの醍醐味ですね!
123434.jpg

夢のパワードスーツが登場

第一作で予算の都合上、お蔵入りとなったパワードスーツ「マローダー」が今回映像化。
原作では後に「機動戦士ガンダム」など、数々のSF作品に影響を与えたロボット兵器です。正直期待していたよりは、活躍の場が少なかったような気もしますが、それでも最後の登場シーンはかなり格好良かったです。
21213.jpg

第1作とのリンクも多く、本作の正統な続編として作られた作品。
『スターシップ・トゥルーパーズ2』を観て若干、消化不良になった分、今回はなかなか満足できる内容でした!





posted by K at 00:16 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする