■ スポンサードリンク

ザ・マジックアワー

【おすすめ映画レビュー★邦画】
1006296_01.jpg

【あらすじ】
暗黒界の顔役・天塩幸之助西田敏行)の愛人・高千穂マリ深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに。
期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は無名の三流役者・村田大樹佐藤浩市)を雇い、殺し屋に仕立てあげるという苦肉の策を思いつくが……。


【解説】
暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を助けてもらう代償に伝説の殺し屋を探し出すコメディー・ドラマ。
『THE 有頂天ホテル』三谷幸喜が脚本と監督を務め、映画監督のふりをして無名の俳優を幻の殺し屋に仕立て上げようとする、しがないギャングの苦肉の策を描く。
撮影と思い込み殺し屋に成り切る俳優に佐藤浩市、その俳優をだます小ずるい若者に妻夫木聡。
うそと思い込みが巻き起こす感動と爆笑が交互に訪れる、巧みな脚本が光る。
001125.jpg

【おすすめ度】 ★★★
「有頂天ホテル」に続く、三谷劇場全快の映画です。
「有頂天ホテル」同様、個性的な役者さんがいっぱい登場し、物語を引っ掻き回していきます。
テンポよく進む展開に、最後までストレス無く、鑑賞できますよ。

愛すべきキャラクター…村田大樹!

ホントに三谷監督の作品は魅力的なキャラクターに溢れています。
中でも今回は…佐藤浩市演じる村田大樹が最高です!
ストーリー上、幻の殺し屋「デラ富樫」となった村田。
幾度となくナイフを舐めながら自己紹介し、仮面をはぐ(マネ)をするシーンはまさに…笑撃的です。佐藤浩市の引き出しの多さに驚かされました。グッジョブ!

三谷監督の映画への愛

もう一つの見所は、三谷監督が随所に盛り込んだ名作映画へのオマージュ
「ゴッドファーザー」や、「アンタッチャブル」といったギャング映画の名シーンを真似たシーンや、キャラクター設定、スタジオ美術など、映画に対する監督の「思い入れ」を感じます。
ちなみに「デラ富樫」のネーミングも、怪奇映画の大スター、ベラ・ルゴシからヒントを得たとか。
001114.jpg

個人的には「有頂天ホテル」の方が話のまとまりがあって好きですが・・村田大樹=デラ富樫のキャラクターは三谷作品の中で1番のお気に入りです。それだけでも観る価値ありっ!





posted by K at 23:15 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする