■ スポンサードリンク

ハチミツとクローバー

【おすすめ映画レビュー★邦画】
hagu.jpg

【あらすじ】
浜美大に通う竹本(櫻井翔)は、ある日、一心不乱に絵を描く少女・はぐみ(蒼井優)に恋心を抱く。

彼女は大学の教授・花本(堺雅人)の親戚で、天才少女とうわさされる転入生だった。

はぐみのことが頭から離れない竹本だったが、彼と同様にはぐみを気にかける非凡な先輩・森田(伊勢谷友介)の存在が竹本の恋心をかき乱し……。


【解説】
幅広い世代の支持を得る、羽海野チカの同名コミックを映画化した青春ラブストーリー。
美大に通う男女5人を中心に、甘酸っぱい恋と青春の物語が展開する。

主人公・竹本を演じるのは人気グループ「嵐」の櫻井翔。
そのほか、『雪に願うこと』の伊勢谷友介、『花とアリス』の蒼井優、『花よりもなほ』の加瀬亮、『八月のクリスマス』の関めぐみがメインキャストに名を連ねている。

スピッツスガシカオがそれぞれ書き下ろした主題歌とエンディング曲も話題。
morita.jpg

【おすすめ度】 ★★★
カリスマ的な人気マンガ「ハチミツとクローバー」の実写映画化。
作品の冒頭から終わりまで、どっぷりと甘酸っぱい青春映画です。

「人が恋に落ちる瞬間をはじめて見てしまった」

誰かに恋をしたとき、世界は違って見える。
誰かを好きになっても、必ずしもその相手が自分を好きになってくれるとは限らない。
恋は自分の思い通りにならないから切なく、もどかしい。


全員片思いという何ともやる瀬ない展開ですが、恋をしているからこそ見える世界が、眩しく、美しく表現されていました。
出会った時の花びら、好きな人と見た海。
普段の風景が恋をしていると輝いて見えるんですね。

ハチクロワールド

大人気の原作コミック。
その世界観は壊されていないと思います。

キャストも良かったです。
さすがにビジュアル面では漫画と現実とのギャップはありますが、みんな雰囲気が近くて違和感はありませんでした。

001hachikuro.jpg

はぐみを演じる蒼井優さんは、特にポップな作品のイメージにぴったりでした。
また、スピッツの主題歌「魔法のコトバ」が、映画のイメージをそのまま包みこむような爽やかな盛り上がりを与えています。

“恋をすることの素晴らしさ”そして、“今の時間の輝き”を、感じることができる映画でした。
特に恋人同士での観賞におすすめですね。





posted by K at 17:19 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする