300(スリーハンドレッド)

【おすすめ映画レビュー★洋画】
001.jpg

【あらすじ】
紀元前480年。
スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)のもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王(ロドリゴ・サントロ)の遣いがやって来た。
曰く、土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。

しかしレオニダスは遣いを葬り去り、ペルシアと戦う道を選んだ。

託宣師のお告げも無視し、テルモピュライでの決戦に挑むスパルタの精鋭たち。
その数はたった300人。
対するペルシアの軍勢は、なんと100万の大軍だった…。


【解説】
『シン・シティ』でも知られるフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを基に、スパルタの兵士300人がペルシアの巨大軍と戦う姿を描いたアクション超大作。

監督は『ドーン・オブ・ザ・デッド』のザック・スナイダー
屈強なスパルタの王レオニダスを『オペラ座の怪人』のジェラルド・バトラーが演じる。

色彩のバランスを操作し、独特の質感になるよう画像処理を施した斬新な映像美とともに、屈強な男たちの肉体美も見どころとなっている。

005.jpg

【おすすめ度】 ★★★
かなり派手な演出が加えられており、ストーリーは史実とかけ離れていると思います。
いわゆる「歴史スペクタクル」というよりは、「アクションエンターテイメント」といった感じでした。

しかしそのアクションシーンが素晴らしいの一言。

スローモーションと早送りで繰り返される戦闘。
戦士たちのマントが緩やかに舞い、剣、槍を繰り出すたびに速度をあげる。
そして相手をしとめた武器からは、再びゆっくりと流血が舞う。

008.jpg

その繰り返しですが、とにかく映像が美しく力強い。
本のページを捲るかの如く、その映像美にゆっくり身を委ねることができます。

「マトリックス」を初めて映画館で観た時と同じような衝撃を受けました。

絶対不利な状況からの逆転劇

ストーリーの見どころは、たった300人でペルシアの大軍を打ち破っていくその展開。
ペルシア軍は圧倒的な人数と、異形の戦士たちでスパルタ軍に迫ります。

究極の戦闘スタイルとレオニダスの采配で、次々と大軍を打ち破っていくスパルタの戦士たち。
ド派手な演出も加わって、かなりの爽快感を味わえます。

男くさく、血飛沫がバンバンあがる戦闘シーンが多いため、お子様や女性の方にはおすすめできませんが、派手なアクションを楽しみたい方には是非。





posted by K at 11:51 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする