■ スポンサードリンク

ヘアスプレー

【おすすめ映画レビュー★洋画】
20071011001ec00001viewrsz150x.jpg

【あらすじ】
おしゃれとダンスに夢中な女子高生トレーシー(ニッキー・ブロンスキー)の夢は、人気テレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」のダンサーになること。

ある日、番組のオーディションが開催されると知ったトレーシーは、自分と同じく大柄な母親エドナ(ジョン・トラヴォルタ)の反対を押し切り、オーディションに参加する。


【解説】
ジョン・ウォーターズの同名カルトムービーを基にした大ヒット・ミュージカルを映画化。
人種差別が残る60年代のボルチモアを舞台に、外見を気にしないビッグサイズのヒロイン、トレーシーが活躍する。

監督は『ウェディング・プランナー』のアダム・シャンクマン。

ヒロインの母親役で大胆な女装姿を披露するジョン・トラヴォルタを始め、新旧豪華キャストの歌とダンス、さらには60年代を再現したレトロでキュートなファッションなどが見どころだ。
2007101500102.jpg

【おすすめ度】 ★★★★
最初からハイテンションな歌とダンスで登場する主人公トレイシー。
ふくよかな体系と口調が日本のとある女芸人さんとそっくりです。

物語はミュージカル調でテンポよく、最後までハイテンションで観ることができました。

特筆すべきはやっぱり、ジョン・トラボルタです。
サタデー・ナイト・フィーバーなはじけぶり。
巨体をピチピチのドレスとヒールで歌う!踊る!歌う!迫力あります。

何気に作品の主軸は人種差別と重たいテーマ。
しかし最後は文字どおり、歌い、踊り、笑い飛ばしてしまう爽快な作品ですのでご安心を。





posted by K at 20:13 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする