■ スポンサードリンク

シザーハンズ

【おすすめ映画レビュー★洋画】
9889_100x100_006.jpg

【あらすじ】
丘の上の広い屋敷に年老いた発明家が住んでいた。
彼はたった一人で人造人間エドワードを創っていたが、完成間近に急死してしまう。
エドワードはハサミの手のままで取り残されてしまった。

化粧品のセールスに訪れた親切な女性が彼を見つけ、気の毒に思い自宅に連れて帰った。
こうしてエドワードと普通の人たちとの生活が始まる。

ハサミの手で植え木を切ったり、おしゃれな髪型を作ったりと、人気者になったエドワード。
ある日高校生の女の子に恋をしてしまった。

しかしハサミの手では、触れるもの全てを傷つけてしまう・・・。


【おすすめ度】 ★★★
ジョニー・デップティム・バートンを一躍有名にした作品。

思えばこの作品からゴールデンコンビが始まったんですね。
チャーリーとチョコレート工場」や「スゥイーニートッド」など、2人の創り出す世界観は独特ですが、その最たる代表作はやはり「シザーハンズ」ですね。

純真無垢なエドワードの報われない恋・・氷の雪で舞うキム(ウィノナ・ライダー)は、私の映画史上で5本の指にはいる美しいシーンです。

甘く、そして切ない現代のおとぎ話。
主にカップル、ご家族におすすめできる作品です。





posted by K at 01:17 | おすすめ映画 【更新順】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする