デイ・アフター・トゥモロー

【おすすめ映画レビュー★洋画】
The-Day-after-tomorrow1_convert_20160119104303.jpg

【あらすじ】
気候学者のジャックは、南極での調査中に大規模な氷棚のひび割れに遭遇する。
地球温暖化により海水の温度が異常に上昇しはじめていたのだ。

異常を察知したジャックは副大統領に大規模な避難を進言するが、一笑に付されてしまう。

だが地球は確実に崩壊へのシナリオを辿っていた・・。


【おすすめ度】 ★★
個人的に大好きな映画『インデペンデンス・デイ』と同じ監督、ローランド・エメリッヒの作品。

ディザスタームービーが大好きなので、すごく楽しみにして映画館に行ったのを覚えています。
しかし期待しすぎてしまった分、少し拍子抜けをしてしまったのも覚えています。

テーマが大きい割に、1つ1つのエピソードが小さくて・・・淡々と最後まで進んでいく感じです。
エンタメ要素よりヒューマンドラマに重点がおかれている内容でした。

o0450033014216993681.jpg

エメリッヒ監督の前作「インデペンデンス・デイ」ではエイリアン襲来により地球滅亡の危機に瀕しました。
しかし今回のテーマは自然災害とより現実的・・・仕方がないところではあるのかもしれません。

津波と竜巻のディザスター映像は迫力です。
この辺りはエメリッヒ監督の持ち味が十分に発揮されていたと思います。





posted by K at 23:48 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: