夜のピクニック

【おすすめ映画レビュー★邦画】
20060906002fl00002viewrsz150x.jpg

【あらすじ】

1000人一緒に24時間夜を徹して、80キロを歩く伝統行事「歩行祭」。
今年で最後の歩行祭を迎える甲田貴子(多部未華子)は、密かに賭けをしていた。

それは、一度も話したことのないクラスメイトの西脇融に話しかけるということ。
今年で最後の歩行祭だから、賭けをするのは今日しかない。
しかし、1キロ、また1キロとゴールは目前に迫ってくる。

果たして貴子の願いは叶うのか・・・。


【おすすめ度】 ★★★★

まさに青春!!!って感じの作品です。

以前から妻に勧められてDVDを買って、ようやく観たのですが・・いやいや面白かった!
観てる間は自分が18歳にもどったような・・・そんな甘酸っぱい感覚にとらわれます。(その分観たあと現実が悲しい・・)

もっと青春しておけば良かったなぁ。

個人的には柄本佑君の演じるパンクな少年が好きです。あとおバカな兄弟・・。
最初は意味分からなかったけど、あれも青春のカタチだな・・と。

邦画ならではのゆっくりとした作品です。
posted by K at 15:09 | ヒューマンドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする